手作りの製品やアクセサリーは、調べるのも貰うのもおもしろいですね

同士から「自作市」に進出するから来て〜と誘われたので、行ってみました。大きなモールのパーキングの一部で、たくさんの手作りのお店を進出する事柄でした。そこで手作りのものって、色んな種目があるのだということをはじめて知りました。手作りの業界は、誠に幅広いのだ!という感心してしまう。己は何も作ったり断ち切るので。但しあんな己は、小学生の頃、手芸チームに入っていたのだということを思い出し、結構苦笑い。自作といえば、布を使って、ミシンで…とか、刺繍して…とかしか思い浮かばなかったのです。勿論、布を使って積み荷や服や製品を販売しておられる方も長期間いました。その他、ビーズアクセサリーやシルバーアクセサリーも、かろうじて知っていました。全然知らなかったのは、クレイ(樹脂粘土や軽量粘土)やプラバンによるみんな(ストラップとか)、用紙バンドかご、デコレーションという(スワロフスキー貼ったもの)、フレグランス石鹸、ポーセラーツ(食器にステッカー貼ったもの)などたくさんありました。このものは貰うから定めるほうが興味深いのかも、は思いつつ、只自分では止めるだろうと予想されるので(笑)、必ず貰うとして。諸君、自分の作ったものを褒められたり、買ってもらったり、ただの販売とは違う歓喜があるのだなと思いました。進出されているやつは、至極イキイキとして楽しそうでした。一つ一つのブースに一心に見入ってしまいました。楽しい一日でした!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする