大難に関する用意はしておきたいとしていらっしゃる

東日本震災のとき私も震度5前後のバイブレーションを積み増しました。いまだいつぞや感じた所作のないほど大きなバイブレーションでした。マグレとして私の周囲では大きな損害は出ませんでしたが、デパートの棚からフードが消えたり戦法停電などの成果は受けました。私だけではなくみんなが東日本震災を機会として防災意識を高めたのではないかと思います。私の自宅でも東日本震災が起きた日光から日常的な備えを心掛けるようになりしまた。もしものときの備えてとして続けているのはたとえば、お風呂の空間湯は捨てないということです。水が止まってしまうと水洗トイレは実に困ってしまう。水さえあれば流すことができるのでお風呂の空間湯は投げ棄てず溜めておくようにしています。飲料水や撮影の効く菓子ユニット、灯油なども蓄えしています。冬に停電になると困難ので電気を使わない石油ストーブも購入しました。震災など起きてほしくありませんが、自然があちらなので人間ではどうにもならないこともあります。個人で取れる備えだけはしておきたいとしている。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする